無意識に全てのものが纏う気配

03 02, 2016
何かのデザインワークをしていて、その完成が近づいてくると作業が細かくなる。タイトルを0.1mm移動とか98%縮小とか、人間の目では一見わからない調整をする。見えないのならその作業は無駄かもしれないが、ここを疎かにすると完成度に格段の差が生じる。その少しの差が大きいのだ。ただ完成させるという意志がないと、その調整には終わりがないので延々とバリエーションが生まれるだけの迷い道に入ってしまう

「ジュルジョ・モランディ 終わりなき変奏」(東京ステーションギャラリー)
ある視点から見ると、その行為は同じ事の繰り返しかもしれないが、別の視点から見ると、それは異なる試みの連続であったりする。もしその行為が後者であれば、同じ様な見た目の中に、うかがい知れない作者の刺激や興奮が必ず存在している。
僕がモランディの作品を初めて見たのは高校の美術室だった。なんて退屈な絵が世の中にはあるのかと思った。その眠い色彩、ぼんやりした輪郭で構成された画面。当時はその凄さが全く理解できなかったが、今ならその要素全てに意味があったことがわかる。眠い色彩やぼけた輪郭に絵の秘密があった。同じように見えることが重要だった。
すでに写実的に描くこと以上に、どのように描くのかという問題が絵画の共通認識だったことに対し、モランディはその焦点を狭めることで、描く対象を突き詰めようとしたのだろう。様々な物を描くのではなく、限定された物を描くことで抽出できる要素があること、同じ様な反復を繰り返すことで新たな試みが生まれること。それらを通して、彼が描き出したものは一体何だったのか。

話を飛ばすと日本には似た様な文化が根付いている。ワンパターンの肯定だ。そこには同じような話の繰り返しだからこそ滲み出る面白さがある。各種の時代劇から寅さんシリーズ、子供の仮面ライダーやプリキュアまでそれは様々だが、貫通している思いは、安心できるストーリー上にある変化の差異を楽しむことだ。やっていることが全部同じであるがゆえに見える差異、もしくは自分の予想との細かなギャップが、見る側視点のたまらない喜びに繋がる。そして前作があるからこそ次回作の完成度が上がったり(もちろん下がる場合もあるが)工夫の余地が生まれる。洗練というのは、その経験を繰り返すことで所作や外観がランクアップすることのひとつだが、良いワンパターンシリーズにも通底する概念ではなかろうか。

話を戻す。モランディはモチーフを限定し、描き方や色彩の差異を極限までなくしていくことによって、初めて生じる変化に注目した。会場にある同じ様な静物画を連続して観ていると、今観たものがさっき観たものにも思えてきて、間違い探し的な感覚に捕われる。一見しただけではその差が分からなくなる。眠い色彩とぼやけた輪郭でその曖昧さがさらに強調される。そしてそこから存在そのものが持つ「あわい」のようなものが立ち上がる。本来個性や特徴といったものは判別しやすいものだ。しかし、そういうわかりやすい強度ある存在感ではなく、無意識に全てのものが纏う気配のような存在感を、モランディは描き出したかったのではないか。同じ様なものでも決して同じでない事、視点を惑わすような差異の連続を体験していると、その小さな画面の中から作者の興奮が見えてくるような気がした。
morandi0302.jpg
画像:http://www.eventscramble.jp/e/morandi/
関連記事
0 CommentsPosted in 展示
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

任田進一

Author:任田進一
http://www.shinichitoda.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ