子供の走る姿

05 26, 2013
小学生になった娘の運動会へ。
保育園では無敵だった300mmの望遠レンズが、効力を発揮できない程に小学校の校庭というのは広い。色んな人から言われていたように、保護者と児童達の間には物理的な距離以上の隔たりがあり、運動会が始まってしまうと、もう娘とは接触できないのであった。例えば、せっかくお弁当を作っても(作ったのは妻だが)一緒には食べれない。親子競技もなく、一日中ひたすら傍観者として校庭を眺めるしかないのだった。そうなると我が子が出ていないダンス的な見せ物は、どうも冷ややかな視点で見てしまいがちで、ダンスのテーマとして使用されるらしいEXILEの曲を紹介されても、「そんなの知らないよ」と毒舌を交えながら見るしかないのだった。ただ、流れた曲はどこかで聞いたことがあり、それなりのEXILE浸透力を感じはした。
一方、競う要素がある種目はどれも面白かった。ゆとり教育時代は順位をつけるつけないとの議論があったようだが、今はそんなに甘くない。40m走を頑張って走り終えた娘は、容赦なくビリの旗の列に座らされていた。子供の走る姿は実に個性がむき出され、もう4年生以上はいっぱしの大人であり、その激走にはどんなに遅くても素直にその一途さが伝わってきた。何かに優劣をつけるのは残酷だが、そうすることでドラマが生まれることは間違いない。最後の種目、選ばれし者達が出る紅白リレーで、お約束のようにバトンを渡すその直前に転ぶ痛々しいシーンは、誰もが胸を熱くしたと思う。そして、細いながらもカモシカのように疾走する女子達は、相当に美しいのだった。最後にバトンを受け取ったアンカー達の必死さはヒーローとしか言いようがなく、その中のひとりの速さは尋常ではなかった。彼は、約10m程度の差をものともせず3位から2位に上がり、その最後のひとりに迫った時、校庭はスタジアムになった。あまりに素晴らしかったので、いっそリレーだけでよかったのではとも思ったが、ゆるいダンスがあるからこそ、そのスピード感にも酔えたのかもしれない。写真は、そのゆるさの極みであった1年生のズンドコ節。
IMG_0836.jpg
IMG_0831.jpg
関連記事
0 CommentsPosted in 生活

Previous: Partner

Next: 街の記憶
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

任田進一

Author:任田進一
http://www.shinichitoda.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ