まとめる

05 29, 2010
進めているシリーズ作品が思う量に達し、まとめる作業を経て先日ほぼ完成した。もちろん今後も続けられるが、一度区切りを付けるべくセットも全て解体した。作品のスタイルは今回も写真なので、最終形はプリントであり、データ作成ではない。ただ僕の場合プリントは外注なので、シリーズ全ての作品がプリントされることはまずない。つまりなんらかの展示や購入要請があった場合、そのつどエディション内で焼き付けられる。今回は展示予定がないので、ここで言うほぼ完成とは、撮りためたそれぞれの写真の分類とナンバリングが決定し、ひとつのシリーズとしてデータ上まとめられた、ということにすぎない。思えばこういう完成の仕方は、立体を制作していた時代にはなかった。制作とは実物を作ることで、完成とはそれがそのまま仕上がることであって、それ以外ではなかった。まず展示が決まった状態で、制作は始められ、身動きできなくなる程作品で部屋が埋まる頃に搬入で、今度はそれらがまるごと消え去った空間と同調し、自分自身も空虚になる、という経験を繰り返していた。
そして、写真に出会いそのスタイルが劇的に変化した。かなりの物理的束縛から解放された。しかし、そのスタイルで何度か展示経験を積むとそうでもなかったことに気づく。展示用にプリントされるということは、そのまま額装なり何なりの加工を伴うことで、今やストックされたその量は無視できない。今回もデータができたからといって気軽にプリントはできない。もちろん何枚かは、そのサイズイメージやトーンの確認用でプリントしたが、展示が決定していない状態で、本番のプリントをすることは、場所や金額の問題があり簡単ではない。これが、どうも最終的な決着を見ずに放置する感じで落ち着かない。つまり「展示」という行為が僕と作品にとっての最終結論であったようだ。しかし今後その機会が随時訪れるとは考えずらい。そこで、自分なりの決着方法をみつけるべく本にしてみた。iphotoのブックサービスを利用し先日それが手元に届いた。どうだったか、やはり途中という感じで最終形とは思えなかった。作品を見直すという意味では機能するし、なんだがまとまった感じはあるが、部屋を侵略していた作品達が一挙に展示空間に移行し、何もない部屋に取り残される感覚からは、ほど遠い気分なのだ。僕にとってあの抜け殻のような思えば寂しい体験が、ひとつの完成を感じる必須要素だったのかもしれない。しかし、そういった視覚的、疲労度的な経験が完成の定義だとはあまり思いたくない。また人にみせることでの完成というのも頼りない。作品の完成とは作者の孤独によってなされるものであって、その孤独とは作者の外的な要因とは関係なく、シンプルに作者の行為の終点でなければならない。つまり作者はここで終わりという決着点を自身で知らねばならない。それは写真でも同じで、プリントしたからしないからではなく、「なんかわかる」という腑に落ちるものでなければならないのだろう。とても難しい問題だと思う。
関連記事
0 CommentsPosted in 制作

Previous: 異なる世界

Next: 風格
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

任田進一

Author:任田進一
http://www.shinichitoda.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ