複数のターゲット

04 02, 2012
春休みの子供向け映画を制覇するつもりはないが、ドラえもんを初めて映画館で観た。この国民的キャラクターを使用した映画の仕事は、相当ハードルが高いのだろう。つまり1本の映画の中に、複数のターゲットを満足させなければいけないノルマが見える。例えば、ピンチののび太くんを救う役目が、ドラえもんではなくジャイアンにあることや、悪者に拉致されたスネ夫が「きっとのび太は助けに来てくれる」と強がるシーンは、大人にとって普通に想定内の出来事なのだが、小学校低学年レベルまでの児童にとっては、これが衝撃の行動だったりするわけだ。普段あんなにいじめを繰り返すこのふたりに、これほどのび太への友情があるなんて、とか思うのだろう。そういう周知なシーンにおいて、休日に子供にせがまれ付き合わされる親達は、ただただ眠いだけだ。逆に終始のび太くんと行動を共にした、意味深にのび太くんそっくりなキャラが、子供時代のお父さんであるということに関しては、正直子供達はどうでもいいと思っているはずで、ここのターゲットは親サイドなのだろう。

親が子供に対するもどかしい思いや、子が親に対するうっとおしい思いの原因は、基本その年齢のギャップにあるが、例えばその年齢差がなくなり、お互いの思いを友達としてぶつけ合い、その衝突を通して分かり合えば、それは理想の関係に発展するかもしれない。ネタバレを承知で書くが、そっくりキャラがのび太くんのお父さんであることは、物語の冒頭から明かされているので、種あかしとして気づくその人は、のび太くんなわけだ。いつも一緒にピンチを乗り越え、自分を勇気づけてくれたアイツが、いつも頼りない、あのお父さんだったのか、という事実に気づいたのび太くんの充実した笑顔の描写で、困ったことに僕は泣いてしまった。

親の気持ちの多くは子供に伝わらない。なんとかして、この相手を大切に思う感情を理解させたいのだが、それはなかなか上手くいかないものだ。それをもし、自分が子供と同い年になる境遇に巻き込まれ、親友関係として共感できたら、それは最高の時間だと思う。物語としては苦しい内容だった。しかし、このドラえもん映画の価値はそこにはない。あたり前の日常、自分が子供を連れて映画を観に来たという、その行動がどれだけ幸せなことかアナタわかっていますか、という真っ当な価値観の確認にあるのだろう。物語とは到底関係なさそうなシーンが多々あった。それはのび太くんが生まれた直後、病院に駆けつけるお父さんの慌てぶりだったり、安っぽい中華料理屋で家族でラーメンを食べるシーンだったりする。そういう教科書的幸せを見せつけられると、うんざりする人も多かろう。いかにも非難が集中しそうだ。しかし、のび太くんの笑顔で泣かされた僕に、それを否定する資格はない。

大型TVが普通になり、DVDが普及し気軽に映画が楽しめるようになって、映画館へ行く人は減少傾向にあろう。同じ内容を10倍近いお金を払って観るのはどうかと思うが、確かに10倍くらいの価値はあるのかもしれない。
関連記事
0 CommentsPosted in 映画
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

任田進一

Author:任田進一
http://www.shinichitoda.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ