鮮度

04 02, 2011
もう過ぎたけれど3月31日は、毎年緊張する。それは、人事異動の内示があるからである。この日を迎えるに際し、いつもそれなりの想定を頭で考える。大阪か名古屋か、とか勝手なシュミレーションをして心の準備とやらをしておく。たまたま幸運なことに、今までその想定は無駄に終わっている。異動を告げられるシーンは様々なのだが、それはじんわり周囲にも知れ渡る。もちろん皆の態度は本人を含め変わらないけれど、そこには情報が空気を伝わって流れるリアルな変化が体感できる。そうして今までその時々に異動し、同じ場所で働いていた方々が去るシーンを見続けてきた。恐いもので、どんなに存在感のあった人でも、本人がいなくなり別の人が席に座る日常が始まると、記憶はさらさらとこぼれる砂のように薄まっていく。一時、毎月誰かが異動する時期があって、来月は自分かと半ば怯えるように仕事を続けたこともあった。送別会の度に大変だなあと思いつつ、ビールを呑んでいた。
そしてピッカピカの新人さんが入ってくる。その存在の大きさに毎度のこと驚く。人格や体の大きさやその他関係なく、彼らは目立つのだ。もちろんしばらくすると、彼らも周囲に馴染んでしまうが、最初の違和感は見事なものだ。春だなあと思う。20歳を過ぎて、どんなにスレた人でもあの「新人」という代名詞には適わないだろう。それは問答無用に発光しており、容赦なく異動された方々の影を光で塗りつぶしてしまう。存在の入れ替わりという事実がそこにある。ある程度大きな組織になると、この変化で鮮度を保つことが必要なのかもしれないとは思う。新しいこと自体が、何かを始めるにあたり重要なのだろう。基本的にその意識は、能動的に自分で起こすべきだとは思うが、強制的に周囲が変化するだけでも意味があったりするということか。しかし、これは、不条理な異動を知らない僕の甘い考えであって、優秀であるゆえ過酷な仕事を任され、道を作っていくような人からすると、なんとも呑気な話だということになるのだろうけれど。
関連記事
3 CommentsPosted in 仕事

Previous: パリのビル

Next: 花達
3 Comments
By kammy by kamitani toshio04 05, 2011 - URLedit ]

人事移動の経験がない私からみると 
ちょっと憧れすら感じる時もあります
当人よりも妻や子供が大変だなと思うのは 
経験していない勝手な思い込みでしょうか

年末の帰省ラッシュにも同じような響きに感じます
「転勤」と「帰省」は私にとって
これからも経験することのない事柄なのでしょうか

「決まった時期に決まった場所に行かなければならない」

そんな使命に憧れのようなものを感じているような気がします

By 任田進一04 06, 2011 - URL [ edit ]

kammyさん
いつもコメントありがとうございます。

ある人からは、
「私なら日本中、転勤を利用して回ってみたい」
と言われました。
「あの転勤で考え方が変わった」
と言う人もいます。
逆に、家を買った直後に異動になった先輩は、
いまだに当時の勤務地を異常に嫌悪しています。
色んな捉え方があるのでしょうね。


By kammy by kamitani toshio04 06, 2011 - URLedit ]

私なら「日本中をまわりたい」タイプかな
でもせっかく家を買った方はちょっと気の毒ですよね
私は住む家にあまり関心がないので(妻におこられそうですが)
転勤大歓迎だと思います
まあ 転勤って場所だけでないいろいろな社会的「評価」もありそうなので
一概によろこんでばかりもいられないのが現実でしょうが・・・ 

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
プロフィール

任田進一

Author:任田進一
http://www.shinichitoda.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ