乳白の街 大槻香奈

10 15, 2011
絵画を観る喜びのひとつは、作家がその作品と向き合ってきた時間を想像することにある。写真のように一瞬で描かれたわけではなかろう、その絵に潜む迷いや決意や苦しみや願いが、観ているうちにこちらに入り込んできて、貴重な絵画体験の時間を作る。

「乳白の街」大槻香奈(neutron tokyo)
具象性が高い絵画なので、描かれた対象が見えやすい分、導入部が複数ある。少女や制服といった象徴的なモチーフが重要なのかもしれないが、僕はあまりそこに接続できるコードを持っていないようで、一番観ていたのは、表情や髪から受け取れるその人物の揺れ具合だった。微妙に歪む口の描かれ方とか、誇張された目の大きさや位置に注目していくと、実に細かく描き分けられていて、長時間観るに耐える力を持った絵画であることに気づく。デッサン力がある人なのだろう。絵の端々にあるさりげない花や器の破片が上手すぎるので、思わずその技術に圧倒されてしまうけれど、それは絵のさわりのようなもので、観るべきところは別にあるように思えて仕方なかった。だからだろうか、僕はそのパーツのないストレートな肖像の方に目が持っていかれた。

現代美術はコンセプトが重要視されるので、時事問題を扱った社会性がよく問われる。大槻さんの展示を観る前に、Chim↑Pomの展示を観たのだが、モロに「3.11」をChim↑Pom化していてインパクトはあるのかもしれないが、共感はできかねた。(原爆の火がともる蝋燭には参ったが、これはそれを保存していた人が凄い)ギャラリーを廃墟っぽくしたり、爆音と共に銃を乱射する映像や得意のスーパーラットを天井裏に配したりして、パワー全開みたいな感じではあったが、深刻さを避けるがゆえのわざとらしさを感じた。ただこういうのが概念ゲームとしてのルールに乗っ取った、今風の表現なのかもしれない。作品も売れているようで、若者もたくさん観に来ており、人気の高さは伺えた。
そう位置づけると、スタイル的な在り方として、大槻さんの作品は「現代美術」っぽくない。しかし、そこに宿る「情」のようなものは多くの人を引きつけるのだろう。現にChim↑Pom以上に作品は売れまくっており、素直に驚くと共に、なぜか安心した。
偶然だが「3.11」に言及する個展を同時に観た日となった。
0 CommentsPosted in 展示

超草食系

10 14, 2011
小学校1年生の甥は事件が苦手らしい。例えば普通の30分アニメにおいて、大体始めの10分は登場人物達の日常が描かれ、後半に繋がる15分くらいの間に何かしらの事件が起こる。その後主役が変身するなどしてお約束の展開へ続くわけだが、甥としては始めの10分が最後まで続いて欲しいようだ。平和な性格ということになろうか。逆に妻は2時間ドラマで、最初の10分以内に突拍子もない事件が起こらないと、見る気がしないらしい。甥とは対照的な性格の持ち主といえよう。

「ガニメデの優しい巨人」J.P.ホーガン(創元SF文庫)
映画などで地球人と異星人が出会うと、大抵お互いの存在を懸けて戦っていることが多い。しかし本書では、そういう争いは全く起こらない。お互い相手を出来る限り尊重しており、理想的な交流が描かれる。まるでE.Tとエリオット少年のようだ。
ガニメアンと呼ばれるその大きな異星人が、なぜそこまで優しいのか、なぜそんなに進化した文明を築けたのかは、本書で微に入り細にわたって描かれており説得力はあるが、結局のところ著者は、人間の在り方を客観視すべく、人間とは真逆の異星人を創造する必要があったのだろう。彼らが地球を「悪夢の惑星」と呼び、そこに生息する地球人を「自分たちを滅ぼそうとするものを頑として拒む生物」と定義する経過は、著者が地球人に望む修正点を列挙しているように思えてならない。
人間がなぜ好戦的なのかという異星人の感想を、自分の日常に照らし合わせてみると、確かに何かと刺激を求めている。穏やかにすごす中にも様々な戦いがそこにはある。楽しむということは、擬似的な戦い体験に身を晒すことだろう。また人間は何にでも敵を想定したがる。個人的な到達点へ向けた作業でも、自分に勝つとか言って自分まで敵に回している。競い合うシュミレーションは保育園でも行われる。運動会でのかけっこは、明らかな戦いであって、走る園児達も観戦する親もそこに熱狂する。スタローンはある映画の中で息子にこう檄を飛ばす。「欲しいものがあったら戦って取れ、たとえ負けてもそれが何だ、次勝てばいいじゃないか」多くの人はそうやって頑張り、生活を築いてきた。人を騙すのはよくないが、ルールに従った競争の結果、敗者が生まれることは仕方ないと誰もが認め、win - win が幻想であることを実は皆知っている。
本書の異星人は戦わない。相手を打ち負かすことを良しとしない。どう戦いを避けるかに知恵を絞り、科学や文化を進化させた。しかしそれゆえの問題もあった。異星人は地球人の急速な発展に比べれば、私達は何もしてこなかったようなものだと感想を漏らす。変化を恐れる彼らは超草食系であるゆえ、地球人のチャレンジャー精神が、驚異以外のなにものでもなかったようだ。(ただこれには裏があり終盤明らかにされる)

勝つ快感だけに酔うのではなく、行動の意味が重要なのだろう。保育園児の競争に親が高揚するのは、そこに子供の成長を見るからだ。出来なかったことが出来るようになった子供の姿は、自身の苦労が報われたことに繋がる。重要なことは○○ちゃんに勝った○○君に負けたとかではない。他者と競うことで芽生える向上心とか、自分の中に潜んでいたパワーを実感した子供の表情に、親は胸を熱くするのだ。
印象的なシーンがある。宇宙船で生まれた異星人の子供達が地球に初めて降り立つ場面だ。変化を恐れる彼らは、怖がって外へ出ようとしない。しかし、ひとたび地球の緑と空を体験し、大気の中で宇宙服なしに呼吸が出来る快感を覚えると、はしゃぎまわる。殻を破った瞬間だったろうと思う。とても未来を感じさせる描写だった。

なお本書は「星を継ぐもの」の続編として書かれている。その感想は以下。
http://shinichitoda.blog117.fc2.com/blog-entry-227.html
0 CommentsPosted in 読書

万年筆

10 12, 2011
行き詰まると、ぐねぐね思うことを文章なり図形なりに変換して書き出す。大抵のことはこれで整理できる。使っているのは、ゲルインクのボールペンでコンビニとかで購入している。あんまり道具にこだわらないタイプなので、特に気にしていなかったのだが、最近知り合いの万年筆使用率が向上し続けていて、その書く仕草の格好良さも加わって、そんなに違うものかどうか確かめたくなり、万年筆使用者の妻にあれこれ感想を聞いてみた。どれもなるほどと思わせる理由であった。知り合いに万年筆の本まで出した博士のような人がいて、彼が記すその風格満載の一筆と自分が記すしょぼい一筆の差が、そのまま人間の差に繋がるように思えて、こういうところに品格が宿るのだろうとは、常々感じており、いい歳にもなったし購入を決意した矢先、先日40歳の誕生日に妻が「LAMY」をプレゼントしてくれた。素直に嬉しかった。どうもありがとう。
早速、特に行き詰まってはいなかったが、ぐねぐね思うことを書いてみた。何だが全く違う体験だった。まず万年筆は重たいと思っていたが、これは随分と軽い。指先に当たるそり返しみたいな形が指に馴染み、コンビニボールペンしか持たなかった指が喜んでいる。妻が言うには、自分の文字に愛着を感じるようになり「私の文字」も悪くない、と思えるらしい。確かにそんな気もしてきた。ただ僕の字は異常に小さいので、いまいちその効果がわからない。少しでも文字を大きく書こうと思った。これは人から指摘されることはあっても、改善する気はさらっさらなかったので、こんなことを考える自分に驚けた。
目に入る光景がまず違う。コンビニボールペンの先端と、万年筆の先端はまるで異なる。ペン先のシャープな形状が美しく高級感があり、生み出される文字も気のせいだろうが、今までより味わいがあるように見える。紙にこすれる音も新鮮で、ボールペンではこの音は出ない。なるほど、これを日常にすれば僕も文字コンプレックスから抜け出せるかもしれない。いわゆるお手本をなぞるのは無理でも、今までの文字を進化させる感じがいい。「へー」と思える時間だった。
0 CommentsPosted in 生活

hand

10 10, 2011
IMG_3655.jpg
0 CommentsPosted in 写真

覚醒

10 09, 2011
向い側から歩いて来る人が、どうも自分と似ていることに気づき騒然としていると、すれ違ったその人物はもうひとりの自分だった、というドストエフスキーの「二重人格」を思い出した。

「ブラック・スワン」ダーレン・アロノフスキー(2010年アメリカ)
やはり芸術での覚醒は、日常生活や人格への破綻に繋がるのだろうか。
母親に純粋培養されたピュアなナタリー・ポートマンが、痛ましい幻覚に悩まされながらも、自らのダークサイドを引き出すべく葛藤している。まるで被害者のようだが、それは踊りに殉じたプリマ魂がそうさせているわけで、仕方ないと言えば仕方ない。
壁を超えるべく変身したい芸術家は多いが、その多くはマトモなまま変わることができず、時に薬に手を出す。この映画の中で、ナタリー・ポートマンを覚醒させたきっかけは、そのまんまな覚せい剤であって、オンナ度の高い同僚でもなく、ヤバそうな演出家のシゴキでもない。才能があるように見せかけて、そうではなかった主人公のかわいそうな末路は痛々しい。

レオン時代を知っているためか、確かに劇中の演出家が言うようにナタリー・ポートマンには色気がない。安達祐実がいくらセクシーに演技しても、こちらが戸惑うのと似ており、子役時代に成功しない方がいいことを思い知る。その演技とは関係ない印象の刷り込みが、随分フィルターをかけてしまうのだろう。
しかし、この映画ではそこを逆手に取り、明らかに美しいナタリー・ポートマンが、色気のなさに苦しむという非現実的な状況が、実に素直に受け入れられたのだった。
ああこんなに大きくなってとか、本筋とは関係ない見られ方をさんざんされたであろうけれど、アカデミー主演女優賞は立派なのだろう。余計なお世話だが、本当にたくましく成長したと思った。
0 CommentsPosted in 映画
プロフィール

任田進一

Author:任田進一
http://www.shinichitoda.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ