展示のレビュー

02 10, 2011
現在、neutron京都で開催中の展覧会ですが、今週末までになります。
私も最後の土日はギャラリーにいるようにしております。
ご高覧よろしくお願いいたします。
レビューを書いて下さった方々、どうもありがとうございます。
この場でお礼申し上げます。
http://den393.blog81.fc2.com/blog-entry-555.html
http://allier.exblog.jp/15417829/
http://blog.livedoor.jp/okakenta_mangekyo/archives/51609380.html
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/archives/2011-01.html?p=3#20110125
IMG_8789a.jpg
ギャラリーで行われた新年会の様子。このギャラリーのパワーを感じました。

0 CommentsPosted in 展示

不意に蘇る記憶

02 09, 2011
昔見たであろうアニメの主題歌を、youtubeで脈絡無く見た時、当時初めてその歌を聞いた頃に、いきなり自分が逆戻りした感覚に襲われ戸惑った。その、ああこんな感じでこの歌を聞いていたなあという気分は、自分の年齢を忘れさせるもので、悪くはないがどこか自分の閉じていた心象までをも覚醒させるようで、あまりいいことをしているとも思えなかった。どうしてそんなにひっかかるのか不思議だったが、たぶん画面に現れたその絵の象徴的な動きと歌の声が絡むことで、当時の記憶が刺激されたのだろう。画面に引き込まれるとかよく言われるけれど、本当にそんな体験をこんなことで味わうとは思わなかった。現前で起こることに記憶が絡むと、冷静ではいられなくなるようだ。その衝撃がヤバイと思いつつ面白かったので、他にも色々検索して自分を試してみたのだが、最初ほどの動揺がなく、心の準備ができてしまうとその効果は薄いようだ。あのユルユルの状態をベースに、記憶を揺さぶらないことには始まらないらしい。
それにしても、こういう当時の映像をネットに流す人の凄さを思う。なんだかヤケに上手に編集されているバージョンもあって、普通に敬意を評したくなる。話はズレていくけれど、そのアニメを作っていた人、つまり総監督~とキャプションが出た時、その名前が意外で、この人こんな仕事もしてたのかと思い、なぜかしばらく脱力していた。再びその名前を検索すると、確かにその作品は彼の仕事だった。また丁寧にその制作における苦労話や制作時の年齢まで分かってしまい、凄い人は若いうちから凄いのだなあと、当たり前のことを実感したのだった。
0 CommentsPosted in 生活

量子力学

02 08, 2011
明らかにその内容を半分も理解できていないのだが、こんなことを熟考している人がいると思うと結構楽しめた。

「量子力学の社会哲学 革命は過去を救うと猫が言う」大澤真幸(講談社)
「分かった」という人ほど分かっていないらしい量子力学を、芸術や政治の歴史と絡めて説明していく本書は、絵画の時代的な手法、小説における時間の流れ、政治家の目指した考えなどが、物理学を用いて横断的に分析されていく。それは、少々こじつけ感を伴うものの、同時代的に発生していく思考の進化を教えてくれる。相対性理論と探偵小説の誕生が、時間をめぐる同じ問題に対する応答として繋がっている、と論じる部分は鮮やかだし、社会学者である著者が、物理学を通して芸術を語る部分は新鮮だった。
ニュートンの古典力学では説明しきれない、電子や原子核などの間の微視的現象を説明すべく考えられた量子力学には、到底頭で理解できない不可解さがあり、それは神のイタズラかと思わざるをえない様相を呈しているらしい。アインシュタインは、その理論を全力で否定しようとした結果、逆にそれが強固なものであることを実証してしまったようだ。あらゆる物体の初期条件が測定できれば、その後の運動が完全に記述できる、と考える物理学には少し傲慢さを感じるが、実際それは成し遂げられないまま、歴代の学者の頭を悩ませてきたことを思うと、その現象として起こる事実を解明したいと思う気持ちは否定できない。そして現在では、巨視的な物理から微視的な物理までをほぼ完全に記述できるらしい。この「ほぼ完全に」が微妙なところだ。
しかし、未来についての知をすべて確定的なものに置き換えることは、「生きている人間」のことを「死者」の秩序に置き換えることと同じである、とシュレーバーさんは言っている。それはそうだろう。型にはめようとする人間の考えは、いつの時代もはぐらかされ続けてきただろうし、完全ではないということが、この世に存在できるひとつの条件かもしれない。現実に起こる全ての現象を予想する理論を考える人の頭とは、どんなものなのだろうか。思い通りにならないことが許せなくなる状態は危ういし、わからないことがあってもいいのではと感じるが、あくまで学者は知の探究者でなければならない、ということか。しかし完全なる知とはどのようなものなのだろう。そういう知に対して待ったをかけるべく、量子力学があると著者は主張している、のだと僕は理解した。以下引用。
量子力学では、普遍性は、だから「これですべてではない」という消極的な残余の形式で暗示されるのである。「これ」の向こう側に、積極的に、全知の神を措定しようとすれば、ここまで論じてきたように、逆に、ある種の無知をー<他者>の生についての無知をー代償にせざるをえない。とすればわれわれは、次のように言うこともできる。量子力学に至りついたとき、人間は、それについて無知である限りで、神とその下にある人間界の秩序を安寧が保たれるような、恐ろしい深淵を垣間見てしまったのだ、と。

まあ究極の完成はないのだと思う。それができたと言う人がいたら、逆にいかがわしい。それを先人達は伝えているように思えてならない。ジャコメッティの描く顔が、描き込み過ぎて真っ黒になり、結局なにも見えなくなってしまうように。終わりはその人の死によって唐突に訪れる。それまでいかに考え続けるかが、人に許されたエリアなのだろう。その問いかけに価値があれば、本人の存在とは無関係に、その意志は誰かが引き継ぐだろうから。
0 CommentsPosted in 読書

リスボン 2004年

02 07, 2011
155-5531_IMG.jpg
154-5475_IMG.jpg


0 CommentsPosted in 写真

洗濯と立ち話

02 06, 2011
154-5478_IMG.jpg
155-5514_IMG.jpg
0 CommentsPosted in 写真
プロフィール

任田進一

Author:任田進一
http://www.shinichitoda.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ